人気記事
スポンサーリンク

今回の写真は、クリエイティブコントロールのレトロです。

コウはレトロとオールディーズの使い分けがイマイチよく分かりません。。。

というか、あまり違いがよく分かりません。

 

そんな訳で、今回は「レトロ」を使ってみよう!

と思い立ち、スナップ撮影してきました。

今回もレンズは14-140mmの高倍率ズームです。

 

撮りたい写真のイメージが決まっていなければ、このレンズをカメラバックに入れておきたいかな?

街角スナップになると後ろに下がりたくても下がれない。前に出たくても出られない。

そういう事も起こりうるので安心です。

 

ただ、望遠側は不満がなかったですが、広角がもう少し欲しいという場面は出てきますね。

望遠を犠牲にして12-60mmにするか。広角を犠牲にして14-140mmにするか。

悩む所です。

 

今度はこの2本を持ち歩きながら、スナップをしてみようかな。

写真は、レトロな雰囲気のお店です。

作例 レトロなお店 | LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6

LUMIX G VARIO 14-140mm | 作例 | レトロなお店

LUMIX G8, LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6, F4.4, 1/80sec, 64mm(35mm換算)

レトロな感じですね。

使った感想としては、オールディーズは昔の写真を見ている感覚になる。レトロの場合は、自分がその時代にタイムスリップした感じになる。。。

個人的にはそういう感じです。。。

関連記事

使用カメラ

LUMIX G8

Panasonic ミラーレス一眼カメラ ルミックス G8 レンズキット 標準ズームレンズキット 1600万画素 ブラック DMC-G8M-K
LUMIX DMC-G8

LUMIX G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6

Panasonic 標準ズームレンズ マイクロフォーサーズ用 ルミックス G VARIO 14-140mm/F3.5-5.6 ASPH./POWER O.I.S. ブラック H-FS14140-KA
LUMIX G 14-140mm

関連カテゴリー

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事