人気記事
スポンサーリンク

こんばんはコウです。

ここ最近は、LUMIX 12-60mmがかなり活躍してくれています。

 

屋外での使用だとかなり使い勝手が良いですね。

広角24mmスタートの5倍ズームなのに割と小さく軽い。そして防塵防滴に加えてかなり寄れる。

 

遠くの小さな対象物を引き寄せる以外はこれだけで撮れてしまいます。

コウの場合、8割はこの画角で大丈夫でしょう。

 

残りの2割をどうするかでしょうね。

レンズ交換前提で望遠レンズを持参するか。

一本でまかなえる高倍率ズームにするか。

 

コウはマクロレンズが好きな為、それほどレンズ交換が苦ではありません。

そのため、マイペースで撮影出来るときは前者を選択するでしょう。

 

ただ、レンズ交換をするゆとりが無さそうな時は後者を選択します。

LUMIX 14-140mm/F3.5-5.6は決して悪いレンズではありません。

 

コウはどちらかと言えば高倍率を敬遠していたタイプですが、この14-140mmはかなり良いと思っています。

そのため、余計に迷ってしまいますね。

ある意味贅沢な悩みです。

 

まぁコウの場合、基本的に高倍率は屋外の動画やレジャー施設用と位置づけています。

また、防塵防滴ではないため、12-60mmとは違うシーンで活躍しています。

さて、話を戻して12-60mmですが簡易マクロ機能はやはり便利ですね。

コウの場合は、花をよく撮るので特に重宝します。

 

近接撮影でマクロレンズより劣るのは当然ですが、撮れない事と撮れる事は大きな違いでしょう。

天候が悪くマクロレンズを使えない時には、コウにとって良き相棒になります。

 

写真は、紫陽花を寄り気味で撮影。

雨は降っていなかったのですが、天候が崩れやすい季節なのでLumix 12-60mmです。

 

そして最近多用しているクリエイティブコントロール。

サンシャインを試してみました。

 

このフィルター、光源の色や位置を変更できるんですね。

知りませんでした。。。

 

いざ使ってみると、面白いフィルターですね。

曇っていても雨が降っていても関係ない。

 

いつでもどこでもサンシャインです!

えっ?なんか寒い、、、?

 

作例 サンシャイン・フラワー | LUMIX G VARIO 12-60mm/F3.5-5.6

LUMIX G VARIO 12-60mm | 作例 | サンシャイン・フラワー

LUMIX G8, LUMIX G VARIO 12-60mm/F3.5-5.6, F5.6, 1/250sec, 120mm(35mm換算)

中々面白くないですか?

ちなみに、このフィルター何でもない普通の森の中で使ってみるとそれっぽい写真が撮れてしまいます笑

関連記事

使用カメラ

LUMIX G8

Panasonic ミラーレス一眼カメラ ルミックス G8 レンズキット 標準ズームレンズキット 1600万画素 ブラック DMC-G8M-K
LUMIX DMC-G8

LUMIX G VARIO 12-60mm/F3.5-5.6

Panasonic 標準ズームレンズ マイクロフォーサーズ用 ルミックス G VARIO 12-60mm/F3.5-5.6 ASPH./POWER O.I.S H-FS12060
LUMIX G 12-60mm

関連カテゴリー

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう