人気記事
スポンサーリンク

もうすぐ梅雨入りしそうなお天気ですね。

そんな時のコウの定番は、LUMIX 12-60mmです。

 

実は、このレンズの発売当初はあまり興味がなかったんです。

多分、LUMIX G8のキットレンズにならなければ手に入れてなかったでしょう。

 

G8を購入する際にも、ボディのみかレンズキットにするか悩みました。

一時は、Leica 12-60mm/F2.8-4.0が発表された事もあり、購入を見送っていました。

 

でも、最終的にレンズキットにした最大の理由は、防塵防滴であり比較的リーズナブルであると言う事でした。

当時、防塵防滴レンズは旧型のLUMIX G X VARIO 12-35mm/F2.8を所持していましたが、高価なため雨の日やハードな条件で使用する気にはなれませんでした。

 

そのため、衝撃を受けたり泥だらけになって最悪壊れても買い直しが出来そうなお気軽レンズとして使おうと思い購入しました。

結果として、雨の日を始め、アウトドアや果物狩りなど特殊なポジションで活躍してくれており、将来的にLeica 12-60mmを購入しても使い分けられると思っています。

 

GF系には少々大きめのレンズになってしまいますが、GやGX以上のLUMIXだと扱いやすい標準レンズになるのではないでしょうか。

写りは、LeicaやXレンズのような柔らかさはありませんが、Lumixらしい解像度で色乗りも良く優等生だと思います。

 

現在は下記のカメラのキタムラのサイトを見て分かるように、キットレンズからバラしたと思われる中古や未使用品がかなり出回っていてお得に購入できそうな感じですね。そういう意味でもオススメかもしれません。

LUMIX G VARIO 12-60mm カメラのキタムラ 新品/中古品情報

 

ちなみに、カメラのキタムラはネットで近くの店舗に取り寄せができます。

そこで、商品の状態等をチェック後に購入できるので、とても便利でコウも利用します。

また、コウの場合はカメラを置いていない店舗であるため、自前のカメラを持ち込んでチェックしていました。

 

さて、今回の写真ですが、そんなLUMIX 12-60mmで雨の時間帯を狙って撮影してみました。

雨の反射を生かしつつ、妖異な雰囲気?を出して見たかったのでクリエイティブコントロールの「インプレッシブアート」を使ってみました。

 

もっと激しい雨雲があれば魅力的だったのですが、そこは撮れなかったのが残念です。でも、このフィルターは思っていたより雨との相性が良いように感じました。

また再挑戦してみたいです。

 

作例 RAIN SHRINE | LUMIX G VARIO 12-60mm/F3.5-5.6

LUMIX G VARIO 12-60mm | 作例 |RAIN SHRINE

LUMIX G8, LUMIX G VARIO 12-60mm/F3.5-5.6, F3.5, 1/60sec, 24mm(35mm換算)

そのうちLUMIXのクリエイティブコントロールをコンプリート出来れば嬉しいな。

関連記事

使用カメラ

LUMIX G8

Panasonic ミラーレス一眼カメラ ルミックス G8 レンズキット 標準ズームレンズキット 1600万画素 ブラック DMC-G8M-K
LUMIX DMC-G8

LUMIX G VARIO 12-60mm/F3.5-5.6

Panasonic 標準ズームレンズ マイクロフォーサーズ用 ルミックス G VARIO 12-60mm/F3.5-5.6 ASPH./POWER O.I.S H-FS12060
LUMIX G 12-60mm

関連カテゴリー

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう