人気記事
スポンサーリンク

こんばんは。コウです。

随分以前からこの記事を書くために写真を撮っていたのですが、中々納得がいくものが出来なくて遅くなってしまいました。

 

比較記事を書くことはとても難しく、写真一枚で判断する事はとても難しい事だと思っています。

そのため、ここで載せる結果が全てではありませんが、一つの参考になればと思い撮影してみました。

まずは近接撮影能力時と同様レンズの仕様からおさらいしてみましょう。

LUMIX 12-60mm と LEICA 12-60mm の仕様の比較

LUMIX 12-60mm/F3.5-5.6

  • レンズ構成=9群11枚 (非球面レンズ:3枚, EDレンズ:1枚)
  • 最短撮影距離=0.2m
  • 最大撮影倍率=0.27× (35mm換算:0.54×)
  • フィルター径=φ58mm
  • 大きさ ( 最大径×長さ)=φ66mm×約71mm
  • 質量=約210g(レンズフード、レンズキャップ、レンズリアキャップ含まず)
  • 防塵防滴
  • ナノサーフェスコーティング無し

LEICA 12-60mm/F2.8-4.0

パナソニック ズームレンズ マイクロフォーサーズ用 ライカ DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0 ASPH./POWER O.I.S. H-ES12060
LEICA DG 12-60mm

  • レンズ構成=12群14枚 (非球面レンズ:4枚, EDレンズ:2枚)
  • 最短撮影距離=0.2m
  • 最大撮影倍率=0.3× (35mm換算:0.6×)
  • フィルター径=φ62mm
  • 大きさ ( 最大径×長さ)=φ68.4mm×約86mm
  • 質量=約320g(レンズフード、レンズキャップ、レンズリアキャップ含まず)
  • 防塵防滴
  • ナノサーフェスコーティング有り

Panasonicサイト, Four Thirdsサイトより

※スペックが優っている方を赤字表記(サイズ等はコンパクトな程優としています)

レンズ仕様からは、軽量コンパクトさが売りのLUMIX版とレンズ性能が売りのLEICA版とハッキリ分かりますね。

実際に、写りの方はどうなのか?

 

あくまでもコウが撮影した結果でありこれが全てではないかと思いますが、比較してみたいと思います。

また、本題とはそれますが、LEICA 12-60mmのレビュー記事とLUMIX 12-60mmとLEICA 12-60mmの近接撮影能力の比較記事、及びLUMIX G8Mのレビュー記事もありますので、そちらも合わせてご覧頂ければと思います。(記事下にもリンクがあります。)

スポンサーリンク

LUMIX 12-60mmとLEICA 12-60mmの広角端実写比較

LUMIX 12-60mmとLEICA 12-60mmの広角端の近景実写比較

LUMIX 12-60mm 12mm開放(F3.5)

LUMIX 12-60mm 12mm開放(F3.5)
LEICA 12-60mm 12mm開放(F2.8)
LEICA 12-60mm 12mm開放(F2.8)

どうでしょうか?

解像度としては、どちらも良いと思います。むしろLUMIX版の方が若干良い気もしながら良い勝負と言った所でしょうか?

 

ただ、LEICA版の方がパースの出方が自然ですね。奥行き感がしっかりと表現されている気がします。

F5.6まで絞るとどうでしょう?

LUMIX 12-60mm 12mm F5.6

LUMIX 12-60mm 12mm F5.6

LEICA 12-60mm 12mm F5.6

LEICA 12-60mm 12mm F5.6

個人的には、どちらも好印象な写りです。

ほぼ互角な、これならばどちらのレンズを使っても満足できるのではないでしょうか?

続いてF8。

LUMIX 12-60mm 12mm F8.0

LUMIX 12-60mm 12mm F8.0

LEICA 12-60mm 12mm F8.0

LEICA 12-60mm 12mm F8.0

F8.0まで絞るとどうやらLUMIX版の方が解像度が高いように感じますね。。。

立体感の違いも同じF値ですし開放ほど違わない気もします。

 

ただ、何となくLEICA版の方がくびれ?があるというか、少し木が色っぽい気がしますね。。。

この2枚を比較すると、LUMIX版はパキパキでLEICA版は柔らかい描写特徴のようですね。

 

続いて、中景を見てみましょう。

LUMIX 12-60mmとLEICA 12-60mmの広角端の中景実写比較

LUMIX 12-60mm 12mm開放(3.5)

LUMIX 12-60mm 12mm開放(F3.5)

LEICA 12-60mm 12mm開放(F2.8)

LEICA 12-60mm 12mm開放(F2.8)

どちらも互角な写りに見えてしまいますね。

F5.6まで絞ってみましょう。

LUMIX 12-60mm 12mm F5.6

LUMIX 12-60mm 12mm F5.6
LEICA 12-60mm 12mm F5.6
LEICA 12-60mm 12mm F5.6

ううむ。。。

どちらも好印象ですね。中々判別ができません。

最後にF8.0

LUMIX 12-60mm 12mm F8.0

LUMIX 12-60mm 12mm F8.0

LEICA 12-60mm 12mm F8.0

LEICA 12-60mm 12mm F8.0

 

F8まで絞るとLEICA版の解像度が落ちてきているように感じますね。

どうも広角端の写りはLUMIX版が良いという結果になってしまいました。。。

 

ただ、ブログでは200万画素まで落としているので、遠景になってくると差が分かりにくいですね。。。

単純な解像度という点では、LUMIX版の方に部があるかもしれませんが、LEICA版には独特の色気があるので、そういった部分を優先させたい方はLEICA版が良い結果になるかもしれません。

 

続いて25mmの標準域を見てみましょう。

LUMIX 12-60mmとLEICA 12-60mmの標準域実写比較

LUMIX 12-60mmとLEICA 12-60mmの標準域の近景実写比較

LUMIX 12-60mm 25mm F4.5LUMIX 12-60mm 25mm 開放(F4.5)

LEICA 12-60mm 25mm F3.5

LEICA 12-60mm 25mm 開放(F3.5)

ん〜、どうでしょうか?

それほど違わないような。。。

 

ただ出てきた時の絵作りの違いがあるようで、LEICA版は柔らかいので女性っぽいイメージ。

LUMIX版は硬いので、力強い男性のイメージのある絵が撮れているようにも思えます。

続いてF8まで絞ってみましょう。

LUMIX 12-60mm 25mm F8.0

LUMIX 12-60mm 25mm F8.0

LEICA 12-60mm 25mm F8.0

LEICA 12-60mm 25mm F8.0

こちらも何となくLUMIX版の方が解像度がよく感じてしまいますね。。。

ただ、LEICA版の12mmで感じた小絞りボケは起こっていないように感じます。

続いて遠景を見てみましょう。

LUMIX 12-60mmとLEICA 12-60mmの標準域の遠景実写比較

LUMIX 12-60mm 25mm F4.5

LUMIX 12-60mm 25mm 開放(F4.5)

LEICA 12-60mm 25mm F3.5

LEICA 12-60mm 25mm 開放(F3.5)

もうよく分からない領域に入ってきますね。

ピント位置を同じ位置に合わせてはみたものの距離もあるためどちらのレンズも完全に同じ位置にピントが合っているとは言い切れません。

 

見る場所によってはLUMIX版が良かったり、LEICA版が良かったりするのではないでしょうか?

この辺りになってくると実写ではそれほど違いがわからない気がします。

 

続いてF8.0

LUMIX 12-60mm 25mm F8.0

LUMIX 12-60mm 25mm F8.0

LEICA 12-60mm 25mm F8.0

LEICA 12-60mm 25mm F8.0

順調に絞った画像って感じですね。

割と均一にパンフォーカスになっているかと思います。

 

解像度の違いはあれど、拡大して比較しない限りそれほど気になる点は出てこないのではないでしょうか?

標準域でもLUMIX版は良いパフォーマンスを発揮していますね。

 

ただ、少しコントラストがLEICA版の方が強く出ている気がします。

そのため、角が若干ハッキリとしている気もします。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう