人気記事
DMW-FL200Lを購入して使ってみた感想(レビュー)と簡単な作例。

LEICA 12-60mmを購入した際に、期間限定ですがガッツリとポイントがついてきました。

散々悩んだ結果、小型外付けストロボのDMW-FL200Lを購入しました。

外付けストロボは、FL360Lを持っていますが普段使いには電池が4本で重くなる事と、嵩張ってカバンにしまいにくい事、また人にぶつけそうになる事が購入理由でしょうか。

 

2台目ですし、サードパーティー製も考えたのですが、ポイントで買えてしまえる事とFL360Lとの連携を考えて純正品を選択しました。

ストロボって必要?と思う方もいらっしゃるかもしれません。

 

ただ、カメラを撮影する上で光は極めて重要な要素です。

  • いつもなら手振れしないのに、手振れした写真しか撮れない
  • 被写体の動きが激しくて、被写体がブレてしまう
  • 室内で撮影したら、なんか画質が悪い

 

オートで撮影する場合、こういった場面に出くわす事があるかと思います。

これらは光量が少ない場所で、カメラがその場に応じた写真を、適切な明るさになるように自動で設定値を決めるために起こってしまうからだと考えられます。

 

撮影の設定値を自分で操作できる種類のものでも、そのシーンに応じた設定にはできますが、光量が少ない場合はどうする事も出来ません。

そのため、カメラにとって大量の光を手軽に補う事ができるストロボはとても重要な存在だとコウは考えています。

 

偉そうに書いてますが、コウ自身それ程ストロボが得意ではありません。。。

その事もあり今回の記事は、それ程凝ってはいませんが、FL200Lを使って色々試してみましたので、読んでみて頂ければと思います。

スポンサーリンク

DMW-FL200LとDMW-FL360Lの比較

DMW-FL200L

  • ガイドナンバー:20(ISO100), (ISO200時は28)
  • 照射角度 : 12mm(換算24mm)から, ワイドパネル仕様で7mm(換算14mm)
  • フラッシュモード :TTL AUTO/MANUAL/SL MANUAL/RC
  • AF補助光 : 1〜5m
  • チャージ時間 : 充電式 ニッケル 約3秒, アルカリ 約5秒
  • 発光回数 : 充電式 ニッケル 約200回, アルカリ 約120回
  • 寸法 : 約61.0mm(W)x52.5mm(H)x82.0mm(D)
  • 重さ : 約230g(電池含む)
  • 価格 : 21,000円前後

 

買っておいて何ですが、デザインは良いかと思いますが、小型で上方向のみのバウンス式ストロボとしては価格が高過ぎる気がしてなりません。。。

FP発光(ハイスピードシンクロ)ができたりデフューザー等が付いてくるのであれば、まだ納得はできますが純正品という点以外にこの価格を納得するすべがありません。。。

 

C社のストロボにもこの手のものがありますが、LEDライトこそないですが、FP発光ができる上、価格がもっと安いです。

価格の点ではもう少し頑張ってもらいたかったかなと。

だって、ガイドナンバー36の純正ストロボと大差ないんですもん。。。

DMW-FL360L

  • ガイドナンバー:36(ISO100), (ISO200時は50)
  • 照射角度 : 12mm(換算24mm)から, ワイドパネル仕様で8mm(換算16mm)
  • フラッシュモード :TTL AUTO/AUTO/MANUAL/FPTTL AUTO/FP MANUAL /SL AUTO/SL MANUAL/RC
  • AF補助光 : 1〜5m
  • チャージ時間 : 充電式 ニッケル 約1.5秒, アルカリ 約2秒
  • 発光回数 : 充電式 ニッケル 約350回, アルカリ 約250回
  • 寸法 : 約62.0mm(W)x104.0mm(H)x98.0mm(D)
  • 重さ : 約376g(電池含む)
  • 価格 : 22,000円前後

 

FL360Lについてですが、価格.comでは悪名高いですよね。。。

そういう自分も、三脚が倒れたときに根元から折ってしまいました。。。

 

まぁ、1mを超える高さから倒れれば折れますよ。

修理費用は、9,000円ぐらいだったと思います。

 

それをキッカケにしっかりした三脚の重要性を思い知りました。

カメラを載せて倒れたら、放心状態でしょうからね。。。

まぁ、今回はFL360Lより、FL200Lを中心として紹介していきましょう。

DMW-FL200L

DMW-FL200L

付属品は、写真の通りですね。

メインは本体とスタンド、ワイドパネルにケースと言ったところでしょうか?

 

ワイドパネルが本体と一体型ではなくなったのが残念なところですが、屋外では簡易デフューザーの代わりに使ってます。

被写体との距離が近い場合は、付けないよりは付けたほうが光の周りが良いかと思います。

折角なので、FL360Lと比較してみましょう。

FL200LとFL360Lの見た目の比較

正面

f:id:RaishoKo:20180729172649j:plain

f:id:RaishoKo:20180729172759j:plain

後ろ

f:id:RaishoKo:20180729172834j:plain

G8+FL360L

f:id:RaishoKo:20180729172935j:plain

G8+FL200L

f:id:RaishoKo:20180729173309j:plain

FL360Lと比べるとかなり小さいですね。

重量として約150g軽くなる上、重心も低くなるためとても持ちやすくなります。

 

ただし、高さが低くなるためG8の場合はLEICA 12-60mmでフードを付けると広角側ではフードの影が出てしまいました(直射光)。

まぁ、これは予想していた事ですが、出ないに越した事はないですね。

G8+FL200Lのレンズフードの影の確認

LEICA 12-60mm 12mm でフード有り

f:id:RaishoKo:20180729175909j:plain

LEICA 12-60mm 12mm でフード無し

f:id:RaishoKo:20180729180102j:plain

直射光でどうしてもフードを付けたい場合は、ワイドパネルを付けると何とかなるかもしれません。

LEICA 12-60mm 12mmでフード有り

f:id:RaishoKo:20180729180314j:plain

露出は下がってしまいましたが、フードの影の部分が若干残る程度になりました。

実戦では使用していないのですが、まぁ最後の手段的に使えそうな気がします。

FL360Lではこんな感じです。

LEICA 12-60mm 12mmでフード有り(FL360L)

f:id:RaishoKo:20180729180630j:plain

なんか随分と印象が違いますね。

フードの影は出ませんが、FL200Lより露出がアンダーになる傾向があるのかもしれませんね。

FL200Lに戻しますが、LEICA 12-60mmはフードの影が出ましたが、LUMIX 12-60mmは影が出ませんでした。

影は出てしまうだろうと勝手に思っていたので、これは有難かったです。

LUMIX 12-60mm 12mmでフード有り

 

f:id:RaishoKo:20180729183132j:plain

 

広告
スポンサーリンク
関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう