人気記事
目覚めの花 | LEICA MACRO 45mm

こんばんは。コウです。

何だかんだで通算100記事目に到達いたしました。

 

早かったような長かったような。。。

でも、一つの目標にしていたので、嬉しく思っています。

 

本当に皆さんご愛読ありがとうございます。

これからも引き続きよろしくお願いいたします。

 

さて、記念すべき100回目なのですか、割と淡々といつも通りな感じの記事を書いてしまいます。。。

まぁ、ある意味自分らしいかな?と。

 

ちょっとしつこく今日も熱帯睡蓮でいってみます。

今回の熱帯睡蓮は、何度も出ているクリント ブライアントです。

作例 目覚めの花 | LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm

LEICA MACRO 45mm | 作例 | 目覚めの花

LUMIX G8, LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8, F5.6, 1/160, 90mm(35mm換算)

そしてもう一枚アップでどうぞ。

LEICA MACRO 45mm | 作例 | 目覚めの花びら

LUMIX G8, LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8, F5.6, 1/250, 90mm(35mm換算)

 

クリエイティブフィルターのクロスプロセス (青)を使用しました。

やはり水を撮るととても冷たくて気持ちの良さそうな感じに写してくれますね。

 

今回撮った時間帯ではまだ花は開ききらないようですね。

睡蓮さんは時間にうるさいようです。

 

脱線しましたが、色味で雰囲気を手軽に変えるには、ホワイトバランスを用いる事がよくあるかと思います。

ただ、アクが強く場面を選ぶ必要がありますが、クロスプロセスは面白い効果を与えてくれるのが楽しいですね。

 

LUMIXでは、クリエイティブコントロールは撮影時にしかかけられないので、ドシドシかけた方が後悔は少ないかもしれません。

コウは、RAW+JPEGにして撮影しています。

 

その設定にしておくとJPEGはデジタルフィルターがかかって、RAWはフィルター無しのデータを保存する事ができます。

是非、クリエイティブコントロールを試してみて下さい!

広告
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう