人気記事
狭間の世界へ。

お久しぶりです。コウです。

ここ最近、撮影の方を優先してしまい、ブログの更新が遅くなってしまいました。

すいません。。。

 

という事で、今日のブログは写真4枚です!

なんの写真かというと、、、

 

工場夜景です!

 

コウにとって初めての工場夜景撮影となりました!

初めてという事もあり、色々失敗もありました。。。

 

失敗談は、写真の紹介とともにする事にしましょう。

撮影してきたのは、JXTGエネルギー株式会社さんの川崎工場です。

(以前は、東燃ゼネラル石油株式会社さんでした)

 

電車をJR川崎駅で下車、東口に出て臨海バスの16番乗り場で浮島バスターミナル方面行きに乗り、NUC川崎工業所前で降りました。

そこからは、徒歩でテクテク15分程でしょうか?

 

バスを降りたら、降りたバスと同じ方向に向かって歩き、一つ目の信号で右に曲がります。

踏切があるので、それを渡って道なりに歩いていくと右手にあります。

JTXGエネルギー株式会社さん(川崎工場)までの経路

f:id:RaishoKo:20180816211216p:plain

この他にも行き方があれば調べてみた方が良いかもしれませんね。

なんせ、最終のバスが21時50分だったので大変だったのです。。。

 

バス停に着いたのが、20時45分過ぎで少し迷ってしまったので、30分程度しか撮影できませんでした。。。

そして、この日風が出ていたので、傘を持って行こうと思っていたのですが、忘れてしまいました。

 

そして最初の一枚を撮影するのに、風を考えずに撮影したら案の定ブレます。。。

皆さん風よけ用の傘は忘れずに持って行った方が良いと思います!

 

まぁ、ブレては撮影にならないので、自分の体とバックパックで、カメラを風から守って撮影しました。

その写真がこれです。

作例 JXTGエネルギー 工場夜景 1

LEICA DG 12-60mm | 作例 | JXTGエネルギー 工場夜景 1 | 東燃ゼネラル石油

LUMIX G8, LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0, F9.0, 8sec, 40mm(35mm換算)

縦構図でも撮ってみました。

作例 JXTGエネルギー 工場夜景 2

LEICA DG 12-60mm | 作例 | JXTGエネルギー 工場夜景 2 | 東燃ゼネラル石油

LUMIX G8, LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0, F9.0, 8sec, 68mm(35mm換算)

この二枚を撮影した後は、来た道を戻りつつ撮影できそうなポイントを探していました。

工場との距離は近いのですが、金網があるためうまくとれる自信はなかったのですが、金網越しの撮影をちょっと試してみることに。

作例 JXTGエネルギー 工場夜景 3

LEICA DG 12-60mm | 作例 | JXTGエネルギー 工場夜景 3 | 東燃ゼネラル石油

LUMIX G8, LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0, F8.0, 8sec 120mm(35mm換算)

おぉ!綺麗に撮れた!

と思っていそいそと引き上げたのですが、後で確認したら薄っすら金網が入っていたのに気づきました。。。

 

やはり、不安があるときはしっかりと確認した方が良いなと猛省。。。

構図の問題もありますが、できるだけ網目の穴からしっかりと狙うか、絞りを開けてあげないとダメですね。。。

 

残念ながら引き返す時間がなかったので、撮り直しは諦めました。

そして、最後の一枚も残念ながら金網は入っていますが、さっきよりは絞りを開けたので、気持ち金網の枠は薄いです。

 

ただ、構図を優先したため、金網の間を抜けるのは難しかったです。

まぁ、もっと時間があれば色々試せたのですが、何せ最終のバスが。。。

素早くセッテイングして、撮影に挑みました。

作例 JXTGエネルギー 工場夜景 4

LEICA DG 12-60mm | 作例 | JXTGエネルギー 工場夜景 4 | 東燃ゼネラル石油

LUMIX G8, LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0, F5.6, 6sec, 108mm(35mm換算)

今日の写真の紹介はこれでおしまいです。

初めての工場夜景という事もあり、とても現像に悩みました。

 

最初からCGっぽさを出すつもりではいたのですが、現実と非現実の狭間を表現したかったので、かなり色々試してやっていました。

結果的に、コントラストを高めにして、明瞭度を上げた感じでしょうか?

ホワイトバランスは色々弄ってみたのですが、非現実感が強くなりすぎてしまったので、現実味のある色合いで、CGぽさを出す事で狭間の世界を表現してみました。

 

初めての工場夜景で、失敗も沢山ありましたが楽しく撮る事ができました。

当日は、結構凹んでましたが。。。苦笑

 

話は変わって使用機材ですが、いつも持ち歩いているVelbon UT-45(ヘッドはQHD-U5Dに変更)は、思ったより活躍してくれて良かったです。

それなりの風であれば、風よけ等の工夫をすれば工場夜景でも撮影できるようです。

 

また、UT-43シリーズについてのレビュー記事はこちらにありますので、合わせてご覧頂ければと思います。

 

レリーズはROWA製でしたが問題なく使用できました。

純正に比べてかなり安いので、ラフにカバンの中に放り込んでおけます。

 

純正品はとてもじゃないけど、ラフに扱える値段ではないので。。。

ROWA JAPAN リモコン レリーズ Panasonic用

<

撮影した当日は、失敗が多くて凹んでましたが、思っていたより良い1日だったなと思えるようになれて良かったです。

また機会があれば工場夜景にチャレンジしたいですね。

 

あっ、ってか工場夜景を昨日再度撮影してきました。

またまた反省点も多いですが、その話はまた今度という事で。。。

 

そう言えば、Twitterではブログに載せていない写真をアップしたりしているので、良かったら覗いてみて下さい。

PC版限定になってしまいますが、サイドバーの下の方にTwitterのTLが表示されているのでよろしくお願いします。

 

それでは名残惜しいですが、今日はこの辺で。

おやすみなさい。

広告
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう