人気記事
スポンサーリンク

こんばんは。コウです。

最近、毎回この出だしの挨拶は必要だろうかと自問自答しております。。。苦笑

 

まぁ、でも何だかんだでずっと続けてきたので多分今後も続けるのではないかと思ってみたり。。。

いや〜、本当にどうでも良い悩みから入りすいません。。。

 

え〜と、今回の記事はタイトル通り、SILKYPIXのテイストで遊んでみました。

LUMIXの場合、アーティスティックなフィルターをかけて撮影したい場合は、クリエイティブコントロールを使う事になりますが、どうしてもJPEGでの保存に限られてしまいます。

 

そのため、RAWファイルの現像時にクリエイティブコントロールをかける事は出来ません。

もし、RAWファイルからアーティスティックなフィルターをかけたいのであれば、現像ソフトに頼るしかありません。

 

現像ソフトにも色々種類はありますが、コウは現在SILKYPIXを使用しています。

DPPやPhotoshop等いくつか使った事はありますが、それぞれに得意不得意はあれど、結局ソフトに慣れる事が一番イメージに近づける事が出来るなという印象です。

 

何故SILKYPIXを使っているかと言うと、準純正ソフトであるという事と国産ソフトだからという事でしょうか?

準純正という表現が正しいか分かりませんが、LUMIXに付属の現像ソフトはSILKYPIXのライト版ですし、最近のLUMIX機種であればカメラ内臓のフォトスタイルを選択する事が出来ます。

 

まだしっかりと検証はしていませんが、SILKYPIXでカメラ内臓のフォトスタイルを選択すると、JPEG撮って出しとほぼ同じ絵にする事が出来ます。

そのため、撮影したJPEGのイメージから、現像を追い込みやすい事が一番大きなメリットになるでしょう。

 

国産だから選んだというのは、出来るだけ国産品を選択するようにしているだけです。。。

まぁ、PCやスマホはAppleという点は突っ込まないで下さい。。。苦笑

 

随分前置きが長くなってしまいましたが、本題に移りましょう。

今回使用したSILKYPIXのテイスト(明るさや色彩等の設定値が保存されたファイル, プリセット?)は、ノスタルジックトイカメラとレッドエンハンサーになります。

 

SILKYPIXの特徴?と言って良いか分かりませんが、テイストを選択した後に、他のテイストを選んだ場合、初期値に戻らず次のテイストの設定値に変更されます。

その結果、最初のテイストで設定されていない項目については、次に選択したテイストの設定値になり、2回目のテイストで設定されていない項目は最初のテイストの設定値をそのまま引き継ぐ事が出来ます。

 

少し分かりづらいかもしれませんが、2回目のテイストに最初に選択したテイストを付加する事が出来るようです(テイスト同士の設定にもよりますが。。。)。

以前、これを使って少し変わった現像をしてみた事があります。

ベンチで目を閉じて

 

今回の記事は、先にも書きましたが、ノスタルジックトイカメラを選択後、レッドエンハンサーを選択してみました。

この2つのテイストは、SILKYPIXに最初から搭載されているテイストになります。

 

それでは実際の写真を見てみましょう。

まずは一枚目。

スポンサーリンク

作例 Welcome! | LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8


LEICA MACRO 45mm | 作例 | Welcome!

LUMIX G8, LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8, F2.8, 1/160, 90mm(35mm換算)

 

何故か、温室の中にテーブルがセットされて良い感じになっていたので撮らせてもらいました。

写真を見てハロウィン?と思われた人も多いかと思いますが、どうなんでしょう?笑

この季節感はアリなのかナシなのか自問自答していましたが、素敵なセットだったので撮影させてもらいました!

ピンク色を基調にセットされていたのですが、それがレッドエンハンサーとの相性を良くしているようですね。

 

また、トイカメラ風のケラレも物撮りと相性が良いように感じます。

次は、パンプキンさんをアップに。

作例 かぼちゃの休息 | LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8


LEICA MACRO 45mm | 作例 | かぼちゃの休息

LUMIX G8, LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8, F3.2, 1/250, 90mm(35mm換算)

 

こういう撮り方はマクロレンズらしい使い方ですね。笑

SILKYPIXのテイストがストーリー性を引き出してくれているように感じます。

 

あまりこういうものを被写体にした事がなかったのですが、撮影してみると楽しいですね。

たまには趣向を変えてみるのも楽しいです。

 

最後は、本をアップ。

作例 Welcome! | LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8


LEICA MACRO 45mm | 作例 | 物語の中へ

LUMIX G8, LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8, F3.2, 1/250, 90mm(35mm換算)

 

マクロレンズで大きく撮った本が、テイストの雰囲気にマッチして今にも本の中へ入り込めそうな感じに仕上がったかなと。。。

ちょっと妄想癖のあるコメントをしてしまいましたが、面白い写真に仕上がったのではないかと思っています。

 

変わった効果を狙いたい場合、色々とイジリ過ぎてしまい迷走してしまう事があります。

そのため、既存のテイスト(プリセット)を使用してそこから発展させた方が迷わず自分のイメージに到達できる事もあるかと思います。

 

何度か紹介していますが、SILKYPIXのテイストは何種類かこちらのページからダウンロードする事も可能です。

興味のある方は是非お試し下さい。

 

それでは今日はこの辺で。

皆さん楽しいカメラLifeを!

関連記事&使用機材

関連記事

使用カメラ

LUMIX G8

Panasonic ミラーレス一眼カメラ ルミックス G8 レンズキット 標準ズームレンズキット 1600万画素 ブラック DMC-G8M-K
LUMIX DMC-G8

LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm/F2.8

Panasonic 単焦点 マクロレンズ マイクロフォーサーズ用 ライカ DG MACRO-ELMARIT 45mm F2.8 ASPH. MEGA O.I.S H-ES045
LEICA MACRO 45mm

関連カテゴリー

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう